FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

スタッフブログ*Cafe HIJIRI

ヒジリ建設(仙台市青葉区)の家づくり、社内のひとこまをスタッフの趣味と独断でお届けいたします

プロフィール

ヒジリ建設|スタッフ

Author:ヒジリ建設|スタッフ
ヒジリ建設のブログへようこそ。
どうぞ寛いでお過ごしください。

『アルムの山小屋』ならぬ、
「ヒジリの山小屋」の社屋です。↑

最新記事
来訪者
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ヒジリへお便り

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.01
24
CM:0

11:49
Category : etc…
今週は「建築模型」について。

当たり前の話ですが、
一般の方々は図面から、建物の空間を想像することは、
とても難しいことだと思います。

そこで活躍するのが建築模型です。
縮小サイズだとしても、実際に立体で見ることで
実物をリアルにイメージすることができるようになります。
ファイル_002

立体になることでのメリットは
日光の入り方をほぼ現実と同じ形で
再現できることにあります。

こうしてみると、
どの部屋が明るくなって、家族でくつろげるなと
想像することができますね。
ファイル_000 (17)

屋根を外せば、
図面との見比べもできて、
家族がそれぞれの部屋でどんな暮らしをしているかなども
想像することができます。
ファイル_003

建築業界もVR(仮想現実)の導入が進んでいます。
弊社も検討中です。
 
VRは実際に見ることができるので、
建築前のイメージと建築後のギャップも少なく、
お客様も建築する側も安心して、建てられるというメリットがあります。
ファイル_001 (4)
でも、建てた後の生活を想像するという意味では、
あえて見えてしまわない方がいいのかなと考えたりもします。

VRと建築模型。
どちらも一長一短ありますが、
お客様との構想段階の時点で両方を上手に使い分けながら、
『家づくりを楽しむ』ということをしていきたいと考えています。

<おまけに>
建築後、建築模型をオブジェとして飾られるお客様もいらっしゃいます。
建築時の楽しい思い出を残せるのも
建築模型の良さですね。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。